読書 : とあるソーシャルワーカーの日常風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野 圭吾 ダイイング・アイ 感想

こんにちはー!!

気候がよくてのんびりベランダで読書はいかがでしょうか。
心にゆとりができます。

とはいっても今回読んだ
東野 圭吾さんのダイイング・アイ
落ち着いて読むことはできないかもしれません。
daying

話が進むにつれて、深まる謎と解き明かされていく真実があり
一気に読むべき内容でした。

内容についてです。
とある交通事故から始まり
その事故の関係者である青年を中心として話が進んで行きます。

お酒が詳しい人はいろんなお酒の銘柄が出るので
飲みたくなってくるかもしれません。

読んでいてビックリしたのが、意外にエロいことです///
いや、エロは大事ですよね。wwww

直接的な描写は無いですが
主人公はイケメンな雰囲気を醸し出しております。

東野圭吾作の作品の中ではあまり無いジャンルの作品ですので
他の作品を読んだ方には「アレッ」ってなるかもしれません^^;

まずまずオススメの本です。
一度お読みになってはいかがでしょうか。

ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11)

新品価格
¥700から
(2012/4/23 13:40時点)




↓ランキングクリックお願いします↓




スポンサーサイト
プロフィール

おい吉

Author:おい吉
おい吉と申します。
ブログで役に立つ情報を伝えていきたいと思います。
メインは福祉、子育て、筋トレというアンバランスです。
他にもゲームや音楽などもたまにささやきます。

Twitter
 
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。