健康 : とあるソーシャルワーカーの日常風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリとはいったい?

こんにちはーーー!!


今日はソーシャルワーカーという観点から、「リハビリ」ということについて書きます。


怪我や病気による治療が終わった後、リハビリというものが始まります。


wikipediaからです

リハビリとは
リハビリテーション(英語: rehabilitation)とは、身体的、精神的、社会的に最も適した生活水準の達成を可能とすることによって、各人が自らの人生を変革していくための手段を提供していくを目指し、且つ時間を限定した過程である。




いろんなとらえ方があると思いますが、リハビリというものは


社会復帰を目標としてそれを実現するための手段です。



病院で仕事をしていると、リハビリについて勘違いされている方がほとんどだと感じます。


もう一度言います・・・


リハビリは治療が目的ではありません。


リハビリは社会復帰への手段です。



一番の勘違いがリハビリで病気や怪我が治るということです。


この勘違いを作った原因は間違いなく国です


老人医療ができた頃から国の方針がおかしくなり(負担0とかありえないwww)


病気やけがのあとに入院やリハビリを長い間出来るような時期がありました。


長い時間をかければ時間が怪我や病気を治るのは当たり前ですね。


それでは日本の医療保険がパンクするからと、いきなり制限を設け始めたのがさらに泥沼です。


本来はゆっくりと入院やリハビリの期間を適正な期間に戻すべきでしたが


あわてた国は急ぎ過ぎたんでしょう。


そのせいで、理解を得られないまま今に至る。って所です。


今は病気に応じて、リハビリのできる期間が定められています。


実際の所、期間が足りていないという声がかなり多く感じます。


その期間を超えるとリハビリの回数や時間が減ったりします。


それは仕方のないことです。もう治療は終わっているのですから。


かなり厳しいことを言っていますが、それ以降は


どうやって現状の心身の状況その人らしく生活していくのかを


見定め、検討し、実行するのかがリハビリによる手段です。


病気やけがはリハビリをすれば治るものではありません。


治療はお医者さんが行い、治りきらなかった部分を補うためにリハビリをする!!それで手段を見つける!!


これが正しい順番です!!!


病院としてはいつまでもリハビリしてもらった方が患者さんも多く、嬉しいことですが


それに依存してしまう患者さんが私にとっては、もったいなく見えます。


ぶっちゃけ、入院やリハビリの期間については、一方的に説明する医者や病院が悪いこともあります。


困った時は相談窓口に直行です!病院になければ市町村の福祉の相談窓口でもいいとおもいます。


少しは力になれると思います。


※特例で病気に応じて長期のリハビリが必要な場合もありますので、あしからず。



結論!!

リハビリが始まったら、退院後の生活をどうするかリハビリのスタッフと良く話し合うこと!!!

計画を立てて、自分も努力すること!!期間についても初めに聞いておく!! 

以上!!!






長くなってしまいました!申し訳ない!!



↓クリックしていただくと幸せです↓
ブログランキングNo.1

スポンサーサイト

これからの季節、赤ちゃんや高齢者は脱水に注意!!

こんにちはー!!

昼間が暑くなってまいりました。

熱くなると脱水傾向になります。

熱射病や熱中症、食事量の低下などなど脱水は様々な危険因子があります。

血液中の水分も少なくなり、血液がドロドロになり
血管が詰まりやすくなったり、心臓への負担、内蔵への負担も上がります。
血のかたまりができると脳で詰まったり脳血管疾患の原因にもなります。
いわゆる脳梗塞です。

血圧も上がりますし良くないことばかりですね。

特に赤ちゃんお年寄りは影響を受けやすいので、今の季節からも脱水の対策は必要になります。

「じゃあ水を飲めばいいじゃん!!」と思いがちですが
高齢になるとトイレに行くのも面倒になる人もいます。

トイレに行く回数を減らしたい。水を飲まない脱水になる。

というサイクルが出来上がってしまいます。

周りに声をかけてくれる家族がいるなら良いですが
高齢になるほど人は人の意見を聞かなくなります。

周りの家族にできることの例ですが

①こまめに水を飲むよう声かけをする。
②すぐに水やお茶が飲めるよう近くに置いておく。
③水を飲む量、回数、時間を書いて目の届くところに張っておく。(マイ爺ちゃんはこれをしてます。)
④食事のときにも必ず水分を用意する。
⑤一気に飲むのではなく、少しずつ回数を増やす。

など、対策はいくらでもあると思いますので
今からでも考えてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの場合は汗をかいているかどうかを常に確認して
すぐ飲めるように哺乳瓶やストローつきのコップを用意しておくと
良いと思います。

これからの季節
小さなお子さんやお年寄りの脱水には気をつけましょう。

私は病院で働いていますが、ゴールデンウィークは
脱水が原因で搬送されてくる人が多くなります。

やはり水分補給には昔からコレですね。↓

ポカリスエット 1500ml×8本

新品価格
¥1,690から
(2012/5/1 13:48時点)




↓ランキングクリックお願いします↓



プロフィール

おい吉

Author:おい吉
おい吉と申します。
ブログで役に立つ情報を伝えていきたいと思います。
メインは福祉、子育て、筋トレというアンバランスです。
他にもゲームや音楽などもたまにささやきます。

Twitter
 
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。