節約 : とあるソーシャルワーカーの日常風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガス代高い!節約方法!

こんにちはーーー!!!

気候がよくなったので光熱費が下がる季節になりましたね。

我が家では息子が生まれてから
輪をかけて節約をしようと心がけていますが。

ガス代はとにかく高いですね!!

中でもプロパンガス!!
これは高い!!
冬場なんて油断したら、1万円越え・・・・!!!
おい!!ぼったくりかい!!って話です。

少しでも節約するためにしていることの一部ですが
これからの季節役に立つ節約術をお伝えします。

これからの季節暑くなり、麦茶をたくさん作ります。
やかんでお湯を沸かすことが多くなりますね。

そうです。やかんを使う際の節約術です。
yakann.jpg

やかんに水を入れて火を付けて沸かす・・・
たったこれだけの中にできる節約はたくさんあります!!

①まず水を入れる所からです。
普通に水を入れていいです。

入れた後はすぐに火をかけたらだめです!
蛇口から出た水はひんやりとした水道管から出ていますので少し冷えています。

まずはコンロの上においてしばらく待ちましょう。
待ちすぎたら忘れてしまいますので30分くらいにしておきましょう。

今の季節であれば常温になっているはずです。
他に方法としては火を使ったあとのコンロの上は熱いので
置いておくとすぐに常温になります。

大事なのは、なるべく水温を上げてから火にかけることです。

②次はやかんについた水気を取ってあげることです。
ふきんでもなんでも良いので、水を入れる時についた水滴を残らず拭き取りましょう。
水滴が付いていることで、水滴が蒸発するまでその部分は熱が伝わりません!


③次に水温が上がったら、アルミホイルを用意します。
料理とかに使うので良いと思います。

少しちぎって、やかんの注ぎ口にかぶせて密封します。
こうやって密封性を少しでも高め熱伝導の効率を上げます。

汚れる訳では無いのでアルミホイルは破れるまで使えます。

④ついに火をかける時が来ました!
火を付ける時に気をつけるのは、火力です。

つけた火の大きさがやかんの底からはみ出ない様にしましょう。
実は強そうに見える火のはみ出た部分は意味がありません。
見かけ倒しです。

一番ベストは中火くらいです。
弱火すぎても熱が伝わりにくく、湧くまでの効率が悪くなります。

このくらいですかね。
しかし、こだわると節約というのは奥が深い。
化学に通じるものもありますね。

今後たまに節約術についても書いていこうと思った今日でした。

すべらない話のほっしゃんの「ガス代」を思い出しますね。(笑)

↓ランキングクリックお願いします↓

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
プロフィール

おい吉

Author:おい吉
おい吉と申します。
ブログで役に立つ情報を伝えていきたいと思います。
メインは福祉、子育て、筋トレというアンバランスです。
他にもゲームや音楽などもたまにささやきます。

Twitter
 
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。