ソーシャルワーカーについて : とあるソーシャルワーカーの日常風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルワーカーについて

こんにちは!!
こんなところに行きたい↓

umi0179-022_m.jpg

今日はソーシャルワーカーの仕事についてですね。

先日の記事へのリンク

先日の記事では「権利擁護」が主な内容と書いています。

権利擁護というのはアドボカシーとも言います。
自己の権利を表明することが困難な寝たきりの高齢者や、
認知症(痴呆)の高齢者、障害者のニーズ表明を支援し代弁することです。
というのが意味になるんですが、具体的にどのようにアプローチするのかと言いますと。



①まずは支援する本人の置かれている環境と持っている疾病、
 家族、第三者からの支援の期待度を把握することから始まります。

②状況の把握をしているうちに本人にとって何が問題で、障壁となっているのかを見極めていきます。
 必ず何かに原因がありますので、明確化することが重要になります。
 その問題が本人によるものなのか、外部からの要因なのかをはっきりさせ、
 本人と周りのニーズを全て確認します。

③一番重要なのが本人のニーズになりますので、周りの人の状況より本人の気持ちを優先して尊重しなければなりません。

④無理なニーズがある場合でも、なるべく近づけるように
 家族も納得のいく方法を検討していきます。
 この時に支援方法を一つに絞るのではなく、
 候補を数個挙げ選択の幅を大きくすると良いですね。
 



簡単な流れはこんな感じですね。








関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

おい吉

Author:おい吉
おい吉と申します。
ブログで役に立つ情報を伝えていきたいと思います。
メインは福祉、子育て、筋トレというアンバランスです。
他にもゲームや音楽などもたまにささやきます。

Twitter
 
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。