高齢者の施設選びシリーズ 老健 : とあるソーシャルワーカーの日常風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者の施設選びシリーズ 老健

こんにちはーーー!!



今日は老健(介護老人保健施設)についてまたまたご説明したいと思います。


老健の説明は今までに~~~2回してますね。


老健とは ① リンク

老健とは ② リンク


上の二つを見てもらえれば、老健がどんな機能を持っているのか


だいたいご理解いただけると思いますが。


ここ数年の老健という施設の実態をご説明します。


老健は病院と自宅や施設との中間施設と言いますが


最近の老健も高齢者の増加により、他の施設と同様に入所者の重症化が見られます。




理由としては


①自宅に帰れる人が少なくなった。


②退院先の特養などがどこもいっぱいで退院先が無い。


③入所期間が長くなり、老化や病気の悪化で介護が必要になってくる。




と、とりあえず三つ程挙げさせてもらいました。


まさに悪循環ですね。


国の方針では老健でリハビリをしてもらい、自宅へ退院してもらいたいんでしょうが


老健という場所が終りの住処になりそうな勢いですね。


もちろん、入所者の状態が悪化すれば病院へ搬送されることが多いんですけど


戻ってくるまで部屋を空けておくか、他の入所者を入れるかの検討もしなければなりません。


施設の方もこれで頭を悩ませることが多いみたいですね。


病院としては治療すれば、すぐに退院させたいので、老健との駆け引きになります。




ところで!老健の加算に影響するものがあり、在宅復帰率というものがあります。



簡単に言うと、一度入所した方が何割自宅に帰っているか?ということです。


いろいろと条件があるんですけど、半分(5割)の方が自宅退院すれば施設への加算を増やすようになっています。


本来の在宅復帰を目指す施設ということを達成したご褒美みたいなもんです。


しかしこの復帰率を実際に可能としている施設はどのくらいあるんでしょうか?


僕が知っている近隣の老健で在宅復帰率が充足しているところは二か所です。


10か所のうちですけどなにか?


やはり難しいというのが現状ですね。


今回の介護報酬の改定で極端に良くなったり悪くなったりしていませんでした。


どっちかというとマイナスになる場合が多いみたいです。


これでは今後、老健という施設の本来の目的は、変わってしまうことは確実です。


今後、高齢化がさらに進みますのでほっとけない問題になっていますね。


老健の本来の機能である、在宅復帰施設というのを強化してほしいと思っています。


リハビリの充実はもちろん、社会福祉士介護支援専門員(ケアマネ)の配置を


さらに加算の対象として、在宅復帰を再現してほしいのが僕の心情です。


↓クリックしていただくと幸せです↓
ブログランキングNo.1



長くなってしまった・・・自分でも読む気失せるなぁwww
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

まとめwoネタ速neo - 2012年06月12日 00:09

まとめtyaiました【高齢者の施設選びシリーズ 老健】

こんにちはーーー!!今日は老健(介護老人保健施設)についてまたまたご説明したいと思います。老健の説明は今までに~~~2回してますね。老健とは ① リンク老健とは ② リ...

URL :

プロフィール

おい吉

Author:おい吉
おい吉と申します。
ブログで役に立つ情報を伝えていきたいと思います。
メインは福祉、子育て、筋トレというアンバランスです。
他にもゲームや音楽などもたまにささやきます。

Twitter
 
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。